スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑司が谷あたり。

「手創り市」というものがあることを知り、
それも、ぼくにとっては懐かしい雑司が谷の
鬼子母神と大鳥神社で行われていることもわかって、
暖かな日曜日に出かけてみました。

ここはぼくが青春時代を過した目白にほど近く、
よくこのあたりを散策したものです。
でも、あれからもう30年以上。
毎晩通った銭湯はなくなっていたし、
街の様子はすっかり異なっていました。

             

手創り市入口  鬼子母神の手創り市の入口

「手創り市」にはさまざまな出展者さんが
個性あふれる手作りの作品を展示販売していて、
一つひとつじっくり見て、
出展者さんとお話をして、
友だちになりたいと思いました。
ぼくも若いころにはろくろを廻して
陶器を作っていたころがありましたので、
創ることの喜び、苦しみはよくわかっています。
それがこういう場で皆さんと接していると、
みんな頑張ってるんだなぁ・・・と思い、
あのころの自分を見ているような気がしました。

手創り市商品  アートでかわいい木彫りの人形たち

             

せっかく鬼子母神まで来たので、
帰りには雑司が谷霊園に足を伸ばしました。
ここも思い出の場所ですが、
なかでも竹久夢二の地味なお墓が好きで、
何度か墓前に手を合わせたものです。

竹久夢二の墓  いかにも竹久夢二らしいお墓
夏目漱石の墓  すぐそばにある夏目漱石のお墓。こちらは文豪らしい

もうひとつ帰り道に寄ったのが、
桜の名所・法明寺です。
すでに桜はあらかた散り、
遅かりし由良之介ではありましたが、
桜の花びらは天から地に移り、
ピンクの絨毯がとてもきれいでした。

法明寺の参道  桜の花びらが敷き詰められた法明寺の参道
法明寺境内  境内の庭もごらんのようにピンク一色

             

この「手創り市」、
次回は5月20日(日)に開催されるそうです。
もの作りがお好きな方、手作りのものがお好きな方なら
たっぷり楽しめると思いますので、
雑司が谷散策をかねて、
お出かけになってみたらいかがでしょう。


スポンサーサイト

トラックバック:一覧

コメント:一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。