スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

預言カフェ@調布のこと。

行ってきました、噂の預言カフェ。
高田馬場にもあるそうですが、
こちらは長時間並ばなければいけないそうなので、
比較的空いているという調布のお店に伺いました。

預言カフェ入口の階段

入口は派手なビデオショップの隣にある階段。
これを上って3階まで行くのですが、
ごらんのように、奥から怖いおじさんが出てきそうで、
もしかしたらいけないところなの?
生きて帰れるの? と不安感をかきたてられる風情です。

預言カフェのドア

3階のドアはよくある事務所風のスチール製で、
手書きのイラストの上に「預言タイム」の貼り紙。
預言カフェというのは通称で、
店名は「預言タイム」だと初めてしりました。
中に入ってみると、そこはカフェというよりは
小さな会社の社員食堂か休憩所という感じで、
内装はいたってシンプル。

預言カフェのドリンクコーナー

先客が預言をしてもらっているのを横目で見ながら空席に座り、
セルフサービスのコーヒーを自分でドリップしていただき、
順番が来るのを待ちます。

ほどなくしていらっしゃったのは先ほど横目で見た預言をする女性。
正式になんてお呼びすればいいのか聞きそびれてしまいましたが、
どうも、牧師さんのようです。

店内にある十字架

牧師さん・・・。
そうなんです。
「よげん」という響きから、「予言」という言葉をイメージし、
未来を予測する占いに類するものだと勘違いしていましたが、
神の言葉、神託を告げる「預言」だったのです。
オラクルカードを引いてくれるわけではなく、
イエスキリストからの預言なのです。
そして、この場所はなんと教会の礼拝所だったのです。
カーテンで仕切られてはいましたが、
その向こうに祭壇があるとのことです。

預言を受ける知叡

「預言」はいきなり始まります。
流れるように早口に語り続けます。

「あなたは100年生きたような知恵を持っている」
と、主は言われています。
「自分自身がしていることや、
自分自身が持っているものを喜ぶ、
与えられているものを喜ぶことをあなたにおしえていきます」
と、主は言われています。
「あなた自身も落ち着いた心で自分を見ていて、
冷静に自分を分析し、
自分という人間の強さ弱さをよくわかっている。
そして周りの人との付き合い方をよく知っている。
あなたは本当に大人です」
と、主は言われています。
「愛する息子よ、
わたしはそのような知恵ある者をよろこびます」
と、主は言われています。
「あなたは欠けがえのないたったひとりの人間です。
あなたと同じ人間はひとりしかいません。
そして、あなたがしていることもあなたにしかできないことです。
ですからもっともっと自分自身をよろこぶ、
そのことをしていきます」
と、主は言われています。
「あなたが他の人と著しく違うのは神に似ているのです。
愛する息子よ、私はあなたを導いています。
あなたは頭が良く生産的な人です。
自分の時間を無駄にしない、そのような者です。
生産性はあなたがこれからやっていくことに対して、
もっともっと大きなものを実らせていきます」
と、主は言われています。
       ・
       ・
       ・


ぼくへの預言はこんな言葉たちで、
5分ほどで終わりました。

預言をいただく人はICレコーダーなどを持参して、
それに吹き込んでもらうのですが、
ぼくは予備知識もなく記録メディアを持っていなかったので、
カセットテープに吹き込んでいただきました。

そのカセット代が100円、
「献金」と称するお代が1,000円でした。
これで好きなソフトドリンクもいただけます。
聖書の言葉を読みやすくまとめてある
「コンサイスバイブル 福音」という本までいただきました。

コンサイスバイブルとカセットテープ

心を鎮め、跪いて神の言葉に耳を傾ける。
刹那ではありましたが、とてもいいひとときで、
大切なお言葉といただけたような気がします。

心を清めたい、そんなときには
こちらを訪ねてみてはいかがでしょうか。


Arise使徒的実現チャーチ
「預言タイム」
東京都調布市小島町1-36-3 川口ビル3F
080-5193-9123

スポンサーサイト

トラックバック:一覧

コメント:一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。