スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あの世に聞いた、この世の仕組み」のこと。

かつてベストセラーとなったことがあるので、
お読みになった方もいらっしゃると思いますが、
ぼくは友人にすすめられて、これを最近やっと読みました。
雲黒斎氏のブログをまとめた
「あの世に聞いた、この世の仕組み」(サンマーク出版)です。

雲黒斎「あの世に聞いた、この世の仕組み」

著者名からしてふざけていますし、
守護霊様と会話をするスピリチュアル系の本ですので、
端から敬遠するムキもあるかとは思いますが、
これがどうして、実に素晴らしいのであります。

一節をご紹介しますと、

自分の思いそのものが、自分の現実をつくるという法則。
<中略>
おまえが何かを考えると、宇宙がその考えをそのまま反映し、
現実をつくり出す。
この「そのまま」というのがポイントなんだ。
宇宙はバカ正直なんだよ。
機転が利かない。
だから、おまえの思考そのままにつくり上げようとする。
<中略>
お金に余裕があるときは「私には余裕がある」と思っている。
だから「お金に余裕がある状態」が続きやすい。
逆に「もっとお金が欲しい」と思っていると、
思いを強めるほど「もっとお金が欲しい状態」に拍車がかかり、
どんどん緊迫した現実をつくり上げてしまうんだ。
「金持ちは、自分が金持ちだと思っている。
だからお金に困らない現実がそこにある。
自分を貧乏だと思っている人は、
お金を稼ぐのは大変なことだと思っている。
だから、必死にならなければ生活できない現実になってしまう…」
<中略>
わかるかい?
「〇〇が欲しい」という欲望は
「〇〇が足りない現実」をつくってしまう。
一方、「〇〇に近づいている」という目標、確信は
「〇〇が近づく現実」を引き寄せることにつながるんだ。
夢は追い求めてはいけない。
引き寄せなさい。


といった感じで、
ちょっと前から話題の「引き寄せの法則」論を展開したり、
「幸せ」や「思い癖」などについて自論(守護霊論?)を
実にわかりやすく説明してくれています。

興味のある方には、ご一読をおすすめいたします。
これからの落ち着いた季節、
時には、こういう本と親しむのも良いのではないでしょうか。


スポンサーサイト

トラックバック:一覧

コメント:一覧

#9 ありがとうございます!
とてもいいタイミングでとてもいいことを聞きました!
こういう系統の本はいつもならほとんど読みませんが
これはぜひ今読んでみたいと思いますe-343

そしてまだ読んでもいないのに
プレゼントしたい人も思いついてしまいましたe-454
私も「引き寄せられる」人間になりたい!e-420
#10 それはよかったです。
コメント、ありがとうございます。
ブログをお読みになって、
この本のことにピンときたということは、
あなたはいまこの本を読むべき時期なんだと思います。
ぼくもお役に立ててうれしいです。
また、よろしかったらご感想などもお聞かせくださいね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。