スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大麻のこと。

以前、デルフィーのぼくの鑑定テーブルに置いてある
香炉の中に意外なものが・・・と書きましたが、
今日はその話をしましょう。

陶器の香炉

それは、実は「大麻」なんです。
こう書くと、大麻取締法違反で当局に捕まってしまうんじゃないかと
思われるかもしれませんが、
法は侵していませんのでご安心ください。

大麻=マリファナということで、とてもイメージが悪いのですが、
認可を得ずに栽培したり、
花と葉を乾燥させ、樹脂化、液体化させると現代の日本では違法になりますが、
茎の繊維や芯材はまったく問題がないのです。

問題がないばかりか、
大麻草は日本人にとって生活に欠かせない大切な植物だったのです。
日本が第二次世界大戦に負けて、
アメリカ軍が駐留してから大麻取締法が施行されたのですが、
それまでは大麻草の栽培は大いに奨励され、
日本全国いたるところに麻の畑があったのです。

繊維は衣服、漁網、縄、蚊帳(かや)、下駄の鼻緒など、
多くの生活用具に用いられてきました。
そうそう、七味唐辛子の中に大きな実が入っていますよね。
あの麻の実も大麻草の種なのですよ。

若い方にはこういう話をしてもピンとこないでしょうが、
ぼくらが子どものころ、
「雷が鳴ったら蚊帳に入れ」とよくいわれたものです。
大麻には邪気を祓ったり、
魔除けのような不思議な力が宿るとされてきたのです。

幣(ぬさ)  大麻の茎の繊維で作られた幣(ぬさ)

古来より大麻は神聖なものだったのです。
天上より大麻を伝わって神々が降臨したという伝説があり、
「依り代」といわれ、神々が寄って集まるところとされてきましたので、
神主がお祓いのときに振る幣(ぬさ)、注連縄(しめなわ)、鈴縄、
大相撲の横綱の化粧回し、結納品の共白髪など、
儀式や信仰の用具として用いられ、
まさに日本の伝統文化を支えてきた作物なのです。
ですから、本来はとても精神性を高め、
“罪や穢れを祓う神聖なもの”なのですが、
いまや多くの日本人の認識では逆に、
“罪や穢れを招く悪者”になってしまったのです。

そういえば、今年もそろそろお盆を迎えますね。
ご先祖様を迎えて送る迎え火、送り火で焚くのは、
大麻の茎の「オガラ」なんですよ。

では、なにが大麻をここまで陥れたのか。
戦後、GHQの占領下において施行された大麻取締法は、
実は日本を大麻のような天然の植物で循環させる産業の国ではなく、
石油化学産業の国に変えていこうという
アメリカの意図のもとに施行されたのです。
それは日本をアメリカの産業振興に寄与するマーケットとするためです。
その目論見は見事にあたり、
ご存知のように日本は大量の石油と石油商品、
化学繊維商品を消費する国になりました。

「大麻は麻薬である」というネガティブキャンペーンも成功しましたが、
そもそも、麻薬だとされる大麻の薬理作用、中毒性というのは、
コーヒーに含まれるカフェインと同じ程度なのですよ。
アルコールやタバコのニコチンの方がはるかに高いのです。
こんなことは海外では当たり前に認知されていますが、
日本では議論にさえならないのです。

現在、先進諸国を見ても、大麻草の薬効が研究され、
麻薬成分を含まない植物として認知されるとともに、
人に有用な植物としての理解が進んでいます。
特に中国ではすでにこれからの資源循環型社会には必要な植物として、
国家を挙げて大麻草の栽培に取り組んでいます。

原子力発電の導入も同じように意図されたものでした。
ぼくは、脱原発がどこまで進められるのかにも注目していますが、
この大麻を巡って日本がどのような施策をとっていくのか、
これからの日本の行く末を占う意味でとても興味を持っています。
こんな素晴らしい植物を有効活用せず、
戦後から続く石油に依存した産業構造、社会が続くのでしょうか?
もうそんな時代ではないと、いつ気がつくのでしょうか?

ということで、
ぼくの香炉に入っているのは、
麻の茎をパウダー状にした「麻雪」と、
麻を炭にしたものを同じくパウダー状にした「麻炭」と、
その麻炭のスティックがそれぞれ少しずつです。
「麻雪」と「麻炭」は焚くと浄化作用があり、邪気を祓ってくれます。
スティックはそのまま置いておいてもいいですが、
水道水を入れたペットボトルに入れておくと、
水中の有害物質を取り除いてくれますよ。
竹の炭よりも更に多孔質で浄化作用も強いです。

麻炭、麻雪、麻炭スティック  左から麻雪、麻炭、麻炭スティック

これらの商品は一般のお店では販売していませんが、
ぼくの友人が工房で作って、地味に手売りしています。
宣伝ではありませんが、もしほしい方がいらっしゃったら
鑑定のときにでもお声かけください。
あ、そうでした、この香炉も彼の特注品で、
お安く販売しています。

写真で紹介しました「幣(ぬさ)」も、
また別の友人が制作していますので、
こちらもほしい方にはお分けできます。
我が家の神棚にも鎮座していますよ。
驚くほど波動が強いです。

なお、大麻についてもっとお知りになりたい方には、
こちらの本をおすすめします。

大麻草解体新書

「大麻草解体新書」(明窓出版 1500円)です。
ぼくの説明よりもっと詳しい知識が得られますよ。

スポンサーサイト

トラックバック:一覧

コメント:一覧

#40 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。