スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マインドコントロールのこと。

オセロの中島知子さんと、
占い師とも霊能者ともいわれる女性の
マンションの家賃未払いと立ち退き騒動が
連日報道されていますが、
最近ではどっちがマインドコントロールしていたのか、
というのが芸能マスコミの注視するところのようですね。

マインドコントロール、洗脳・・・。
周りから見れば、「なんでそんな」と思うようなことでも、
思いを刷り込まれ、植え付けられた本人にとっては、
そのイメージから逃れられなくなることも多いようです。

             

biosonic


先日、あるお客様がいらっしゃいました。
まだ20代の若い女性ですが、
その表情にはただならぬ悲壮感が漂っています。

少しずつ彼女の話を聞きだしていくと、こういう内容でした。

元々精神世界に興味を持っていた彼女ですが、
スピリチュアル系のネットである男性と知り合ったそうです。
その男性はプロではないですが、
彼女にチャネリングをしてくれたり、
彼女の知らないスピリチュアルな話をおしえてくれたりして、
毎日メールでやりとりするようになったそうです。
その男性は既婚者だったのですが、
ある日彼女にこう言いました。
「ぼくは結婚しているから君とは結婚できない。
でも霊界でなら二人は一緒になれるから、霊界で結婚しよう。
霊界に結婚届を出してもいいかい?」
男性に対して恋愛感情を持っていなかった彼女はびっくりして、
「私は結婚なんて考えられませんから、そんなことされたら困ります」
と、その申し出を断ったそうです。
ところが、次に彼から来たメールには、
「もう結婚届をだしてしまったから、
二人は別れられないよ。霊界ではもう夫婦だからね。
もちろん離婚届なんて出せない。
ぼくと別れたら君の魂は永遠に救われないよ」

好きでもない人と夫婦になってしまったというショックで、
彼女はどうすることもできず、
すがる思いでぼくを訪ねて来たのです。

これを読まれた方は、
「そんなのバカみたい」と笑い飛ばすかもしれません。
でも、彼女はその男性によって、
そこまで時間をかけてマインドコントロールされてきたのです。

彼女はまだ取り返しのつかないところに行く前だったので
無事ですみましたが、
男性はその後さらにエスカレートして、
彼女の恐怖心を操りながら、
いろいろなものを要求してきたであろうことは、
容易に想像つきます。

             

これはあくまでもひとつの事例ですが、
ここまではいかなくても、
誰かのひとことに囚われて身動きが取れなくなる、
なんていう経験をしたことがある人も多いのではないしょうか?

もしかして、
いま何かに囚われているという思いがありますか?
思い当たる方は、それを捨てにいらっしゃいませんか。。



スポンサーサイト

3.11の道しるべ。

大きな被害をもたらした東北大震災から、
明日でちょうど1年です。

来年になると、あの日から2年。
再来年には、あの日から3年。
震災から10年経ったら、あの日から10年ということで、
メディアもまた大きく扱うことでしょう。

そして、そのたびに思い出すのが、
震災の映像とともに、それぞれのあの日のことでしょう。
実際に被害に遭われた方だけではなく、
会社で仕事をしていて、
パソコンがデスクから落ちそうになるのを押さえていた人。
家で家事をしていて、
倒れかかるタンスから慌てて逃げた人。
その瞬間よりも、
その日のこととしての記憶の方が強い人もいるでしょう。
長い時間をかけて自宅まで歩いて帰った人。
身動きがとれずに会社に泊まった人。

ぼくはあの日、北海道の北見市にいました。
(株)カプラーの中根由佳子社長と、
北見市の猪野間優子さんのご尽力のもと、
雪の中の公民館で、占いの鑑定会を3日連続で開いていました。

2011.3.11.の羽田空港
2011年3月11日朝の羽田空港。富士山がきれに見えるほどの快晴でした。

朝、羽田を経って北見市に入り、
その初日のまさに鑑定中に襲われました。
北見市は震度4でしたが、大きな地震だとは思いました。
でも、鑑定の予約がぎっしり詰まっていたので、
テレビで確認することもなく鑑定を続けていたのです。
そして、夕方5時すぎになって鑑定を終えてから、
守衛所のテレビに映し出されている映像を見て驚きました。

震災から二日後、
カップめんなどの食料と電池をバッグに詰め込み、
帰りの飛行機に乗りましたが、
その飛行航路がまさに三陸海岸から仙台、福島浜通りの上空でした。
港があって、町があって・・・と思われるところが
ことごとく茶褐色に覆われていました。

これがぼくの3.11の思い出ですが、
生涯ぼくの記憶に残るでしょう。
そして、心の風景も一緒に残るでしょう。
あのときはどんな人間関係で、どんなことに悩んでいて、
どんな夢を抱いて、何と闘っていたのか。

ピアソン記念館
北見市の文化財・ピアソン記念館。鑑定の合間に訪れました。

あのときから自分は成長したのか?
あのときの情熱は失ってはいないか?

3.11はぼくの人生の新たな道しるべとなりました。

みなさんはどんな思いで明日を迎えるのでしょうか。



続・耳ツボピアスのこと。

前回、ピースの又吉さんとのツーショットで
我が身の太さにショックを受け、
スリムビズの開発者・飯島敬一さんのセミナーを訪れて、
スワロフスキーの耳ツボピアスをしてもらった話をしました。
でも、スリムになる、という目的とともに、
もうひとつの目的がありました。

実はこのセミナー、飯島さんが
耳ツボの中でも最も重要とおっしゃるツボ、
「神門(しんもん)」を刺激して、
スプーンを曲げようというのが本来のテーマなのです。

神門のツボ  一番上のピアスのあたりが神門のツボです

飯島さんいわく、
「神門のスイッチを入れたら神・宇宙とつながります。
そのときスプーンが曲がるのです」。
すべて書いてしまっては営業に差しつかえるでしょうから
詳しい説明は省きますが、
30名ほど集まったみなさん全員がスプーンを曲げていました。
ぼくも、ほら、このとおり。

スプーン曲げ  本当に曲がってちょっとどや顔してます

もちろん、スプーンを曲げたのはこれが初めてです。
ユリ・ゲラーがTV番組で念を送ってくれたときも、
ミスター・マリックと親しくしていたときもダメだったぼくです。

耳を痛くなるほど刺激してから、
スプーンがぐにゃぐにゃになったイメージを持ったあと、
ある言葉をとなえます。
その言葉とともにスプーンを手前に引くと、
あらま、こんなに簡単に曲がってしまった、という感じです。

となえる言葉というは、
最初はちょっと意外に思いましたが、
確かにこれこそ何よりも強い力を宿した「言霊」だといえます。
ご興味のある方にはお教えいたしますので、
鑑定の折にでもおっしゃってください。

そして、飯島さんのこのセミナーは定期的に行われているようですので、
参加してみてはいかがでしょうか。
まだ次は決まってないようですが、
スリムビズで検索して、お問い合わせください。

               

さて、ご報告です。
耳ツボピアスの効果ですが、
1週間経過した時点で体重がマイナス1キロです。

まず、お腹がすかなくなりました。
いえ、この言い方は正確ではありません。
お腹はすいていてグウグウ鳴っていても、
空腹感を感じないのです。
以前なら絶対に間食してしまっていた時間帯も、
難なくやり過ごせるのです。

目標はあと2キロ。
無理なく頑張ります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。