スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穴澤雄介さんのこと。

穴澤雄介という名前をご存知でしょうか。

とても才能溢れるバイオリニストで、
ご自身で作曲もされて、
自らのオリジナル曲のみを演奏したCDが、
すでに4枚もリリースされています。

そして、人は彼を説明するとき、
必ずバイオリニストの前にこの修飾語を付けます。
それは“盲目の”です。

穴澤雄介さん  穴澤雄介さん

小学校のころ、心臓病の手術をしたことで、
その後遺症から、視力が落ち始め、
盲学校の専門課程に進学した頃には、
全盲になっていたとのことです。

全盲となったことで、音楽の道を迷いなく選んだそうですが、
父親の会社が倒産して住む場所もなく、
友人のアパートに転がり込んだり、
その後も苦難の連続だったそうです。

苦労をしたからこそ、他人の痛みもわかるんでしょう。
今回の大震災ではいち早くチャリティーコンサートの開催に動き、
3月~4月にかけて、休む日もなく全国を駈けずりまわりました。

彼の挨拶文の一節です。

これまで何度も演奏に呼んで下さった東北、
愛する東北のみなさんに、
何とかして私は恩返しをしたいのです。
今、音楽家として私に何ができるのか、色々と考えました。
私自身も義援金をあちこちから送りますが、
合わせて義援金集めのためのチャリティー演奏も、
可能な限り行ないたいと思いました。
そこで、私穴澤からみなさんにお願いです。
義援金集めのためのチャリティー演奏をさせてください。
もちろん私へのギャランティーなど、
考えていただく必要は全くございません。
近所の方々を集めるだけのホームコンサートでも大歓迎です。
会の趣旨が音楽でなくてもかまいません。
何かのイベントの1コマでもよいのです、
1曲だけでもよいのです、
募金活動さえさせていただけるなら、
演奏時間や音響条件などは問いません。
<中略>
「こんな時期に音楽なんて不謹慎」と
おっしゃる方もおいでかもしれません。
しかし、こんな時期だからこそ
みなさんに生の音楽に触れて元気を出していただいて、
前向きな気持ちになってもらえたならと思うのです。
私達は東北の方々の分までバリバリ働いて
日本経済を支えなければなりません。
落ち込んでいる場合ではないのです。
音楽は心のビタミンになれる、
そういう力が音楽には存在すると私は確信しています。


東京・下北沢Roomsにて  東京・下北沢Roomsにて

            

彼の演奏会にはいろいろなスタイルがあるそうですが、
ぼくが伺ったのが「ライブ&講演会」で、
バイオリンの演奏と彼の話を半分ずつ聴ける会でした。

やさしい音色のバイオリン演奏の合間に、
こちらも本当にやさしい語り口で、
示唆に満ちた話をしてくださいました。

Rooms店内  こんなアットホームな会でした

ぼくにも彼の言葉がたくさん残りました。

穴澤さんは、プロの演奏家になってから、
事故で左手の人差し指を骨折したことがあったそうです。
それもよりによって、
ライブのスケジュールがいっぱい詰まっていた時期だったそうです。
普通なら予定を全てキャンセルするんでしょうが、
なんと、彼は残った3本の指で必死に練習をして、
3本指で遜色なく弾けるようになり、舞台に立ったそうです。
それも、骨折している左手の人差し指には派手な指人形を付けて。

彼は言います。
「何かに行き詰ったら、時には、
あえて制限を設けてみることをおすすめします。
何もかも自由だと、逆にひとつひとつの大切なものが見えないんですよ。
障害を設けたり、自由じゃなくすると、
それで返っていいアイデアが浮かんだりします。
骨折直後には、左手をまったく動かせなかったので、
ひたすら右手の練習をしました。
そしたら、右手だけで弾く
『右手のエチュード』ができちゃった(笑)」

穴澤雄介の名前を覚えておいて、機会がありましたら、
彼のライブ、そして講演も是非聴いてみてください。
必ず良い出会いになるはずです。

穴澤さんを囲んで  最後は穴澤さんを囲んで飲み会です

ちなみに、
「この星を歩こう」は名曲ですよ。
http://www.youtube.com/watch?v=UMfrlqme5mw


スポンサーサイト

「にんきや」さんのこと。

東京・浅草橋に、
「にんきや」という甘味処があるのをご存知でしょうか。

ずいぶん前に雑誌の取材を通して知り合ったお店なのですが、
すぐ大好きになってしまい、「にんきや」に寄るために、
浅草橋に何度通ったことでしょう。

クリームあんみつと御膳しるこ クリームあんみつと御膳しるこ

西伊豆産の天草から作るかんてん、
北海道虻田産のみ使用したあずきなど、
素材にこだわったあんみつが絶品で、
ほかのお店のあんみつが食べられなくなるくらい、
本物の味をいただくことができました。
しかもクリームあんみつが650円という安さですよ。
申し訳ないくらいです。

そして、夏場の「かき氷」。
これがまた天下一品でした。
天然の氷を契約してある室から仕入れ、
一流の研師に砥がせた刃物が作り出すかき氷は、
肌理の細かさといいうま味といい、まさに極上でした。
「たかがかき氷で大げさな」と思われるかもしれませんが、
食べたことのない方にはご理解いただけないでしょうが、
そんじょそこらのかき氷とは訳が違うのです。

この「にんきや」が店を構える界隈は、
実は昔の花街、柳橋です。

浅草橋より隅田川方面を望む 浅草橋より隅田川方面を望む

船で隅田川をのぼり、
両国橋をくぐってちょうど神田川との合流地点にあたる柳橋は、
まさに芸者衆の街でした。
その昔は、まだ一人前になれない芸者のたまごの娘たちが、
よくここに来て、泣きながらあんみつ、おしるこを食べていたそうです。
そんな娘たちを励ましていたのが、
現店主・今井昭一郎さんのお祖父様だったとか。

柳橋の欄干に施された簪飾り 柳橋の欄干に施された簪飾り

              

時は流れました。
この「にんきや」がこの夏ずっと店を閉めているのです。

夏の入口に訪ねたときも、
秋の気配が一段と濃くなった今日、また訪ねてみても、
白のれんはかかっていませんでした。

柳橋のにんきや入口の引き戸に貼り紙が 柳橋のにんきや

店の入口の貼り紙には、
昭一郎さんとともにずっと店を守ってきた
奥様のすみ子さんが昨年12月に亡くなられ、
昭一郎さんも現在入院中とありました。

また昭和の名店がひとつ消えていってしまうのでしょうか。

残念ながら、奥様にお会いすることはもう叶いませんが、
昭一郎さんの人なつこい笑顔と、
あの絶品のあんみつとかき氷にもう一度会いたいものです。


★にんきや
東京都台東区柳橋1-3-12
03-3851-1002

「あの世に聞いた、この世の仕組み」のこと。

かつてベストセラーとなったことがあるので、
お読みになった方もいらっしゃると思いますが、
ぼくは友人にすすめられて、これを最近やっと読みました。
雲黒斎氏のブログをまとめた
「あの世に聞いた、この世の仕組み」(サンマーク出版)です。

雲黒斎「あの世に聞いた、この世の仕組み」

著者名からしてふざけていますし、
守護霊様と会話をするスピリチュアル系の本ですので、
端から敬遠するムキもあるかとは思いますが、
これがどうして、実に素晴らしいのであります。

一節をご紹介しますと、

自分の思いそのものが、自分の現実をつくるという法則。
<中略>
おまえが何かを考えると、宇宙がその考えをそのまま反映し、
現実をつくり出す。
この「そのまま」というのがポイントなんだ。
宇宙はバカ正直なんだよ。
機転が利かない。
だから、おまえの思考そのままにつくり上げようとする。
<中略>
お金に余裕があるときは「私には余裕がある」と思っている。
だから「お金に余裕がある状態」が続きやすい。
逆に「もっとお金が欲しい」と思っていると、
思いを強めるほど「もっとお金が欲しい状態」に拍車がかかり、
どんどん緊迫した現実をつくり上げてしまうんだ。
「金持ちは、自分が金持ちだと思っている。
だからお金に困らない現実がそこにある。
自分を貧乏だと思っている人は、
お金を稼ぐのは大変なことだと思っている。
だから、必死にならなければ生活できない現実になってしまう…」
<中略>
わかるかい?
「〇〇が欲しい」という欲望は
「〇〇が足りない現実」をつくってしまう。
一方、「〇〇に近づいている」という目標、確信は
「〇〇が近づく現実」を引き寄せることにつながるんだ。
夢は追い求めてはいけない。
引き寄せなさい。


といった感じで、
ちょっと前から話題の「引き寄せの法則」論を展開したり、
「幸せ」や「思い癖」などについて自論(守護霊論?)を
実にわかりやすく説明してくれています。

興味のある方には、ご一読をおすすめいたします。
これからの落ち着いた季節、
時には、こういう本と親しむのも良いのではないでしょうか。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。