スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Re6 : 拝啓、小林倫博様

知叡 様

CD、もう届きましたか。
早速聴いていただいているとのこと、
嬉しいかぎりです。

昔好きだった女に街角で偶然会って、
歳月の残酷さに呆然としてしまう…
なんていう感じじゃないですか? 
おばあちゃんの「可愛いところを探してあげる」
ような聴き方をしてやってください。

ブログにUPの件、問題なくOKです。
いくつか文章を拝読させていただきました。
お人柄がうかがえる感じですね。
静かで落ち着いていて懐が広い。
うらやましいです。
これからじっくりと全部読ませていただきますね。

昨日、久しぶりにギターを弾いてみました。
指先が柔らかくなっているので音は決してきれいじゃありませんけど、
運指などは忘れていないものですねえ。
台風の風音と犬の歌い声に合わせて指を踊らすと、
いつのまにかわたしは23歳の青年にもどっていました。

さあ! もう一度「恋」をするぞ! 違うって!!

小林倫博

Friday, July 22, 2011 4:32 AM

スポンサーサイト

Re5 : 拝啓、小林倫博様

小林倫博様

CD、本日届きました。
何てお礼を申し上げてよいやら・・・
本当にありがとうございました。
早速拝聴させていただいておりますが、
同じアルバムの中にある曲でも、
鮮明に覚えている曲と、
あれ、こんな曲だったっけ? という曲もあって、
人の記憶というのは不思議なものですね。

小林倫博さんから届いたCD

針のノイズ、いいですねぇ。
この雑音まで懐かしく感じます。

ところで、大変恐縮ですが、
小林さんに、もうひとつお願いがございます。
と申しますのは、
ぼくは、ブログに自分の思いを大切に綴っておりまして、
そちらで今回小林さんとさせていただいたメールのやり取りを、
往復書簡のようなカタチで掲載できたらと考えております。

実は、最初に小林さんにお送りしたメールを、
すでにブログにUPしております。
http://gentlemind.blog.fc2.com/blog-entry-13.html

ぼくもこのようなことは考えもしなかったのですが、
いただいたメールを拝見して、是非掲載したいと思いました。
なんとかお許しいただけないでしょうか?
何度も厚かましいお願いばかりで申し訳ございませんが、
ご理解いただけましたら幸いです。

知叡

2011/07/22 (金) 2:57

Re4 : 拝啓、小林倫博様

小林倫博様

ありがとうございます。
そうやって、おどけて明るくおっしゃっていただけると、
まるで昔からの仲間のようで、
ほんとうにうれしいです。

わかりました。
では、いずれまた、ぼくも恩返しさせていただきます。
その代わり、これをご縁に末永くおつあいくださいね。

あの曲のタイトルは、「蒼い冬」でしたか。
そうでした、ドラマの主題歌でしたよね。
それは覚えていますが、
「赤い殺意」というタイトルまでは思い出せません。

「きっとあなたは 気づかない~ 愛を抱いた 私に~」
ですよね。
ここ、声を振り絞って歌うと気持ちいいんですよね。
少しずつ昔が戻ってきます。

知叡

2011/07/14 (木) 1:28

Re3 : 拝啓、小林倫博様

知叡 様

チミ(君)! な~んてことを言うのだ! 
只! 只! 恩返し!!

昔わたしのバックでピアノを弾いていた男が、
また一緒にやろうよとそそのかすのですが、
遊ぶのに忙しくてなかなか始まりません。
ま、才能も声も枯れてはいませんがね、フフフッ!!!!

おたずねの曲は「蒼い冬」という曲で、
今度お送りする「シングルス」のCDに入っています。
TBSのドラマ「赤い殺意」の主題歌でした。
お楽しみに!

小林倫博

Sent: Wednesday, July 13, 2011 3:14 AM

Re2 : 拝啓、小林倫博様

小林倫博様

早速の返信をありがとうございます。
というか、返信いただけるとは思っていませんでしたので、
とてもうれしいです。

ご自身で作られたCDをお譲りいただけるのですか?
見ず知らずの人間なのに、そこまでしていただけるとは、
本当にありがとうございます。
お手数をおかけして申し訳ございませんが、
お言葉に甘えさせていただきます。
でも、失礼な言い方になってしまいますが、
もちろん相応の代金を支払わせてくださいね。
おいくらでよろしいのか、
そして銀行の口座をおしえていただけますか。

実は、ぼくの本業は占い師なんですが、
ちょっと前まで出版社におりまして、
いまも乞われたときには芸能界の仕事もしております。

小林さんは、いまも演奏活動はされているのですか?
どこかで定期的にライブとか・・・。
もしまだアーティストとしての可能性をご自身でお持ちのようでしたら、
ご迷惑にならない範囲で、
小林さんの音楽活動を広めるお手伝いをさせていただければと、
勝手に考えております。
本当に笑ってしまうくらい微力で、
何のお約束もできないのですが・・・。

ぼくの友人に小さなレコード会社をやっている人間もおります。
彼に小林さんの話をしてみてもよろしいですか?
ぼくは門外漢なもので、版権などに関しても無知ですので、
こちらもまったくぼくひとりの夢物語に過ぎないかもしれませんが。

ところで、実は小林さんの曲で、
もう一曲カバーさせていただいた曲があるのですが、
その曲名がどうしても思い出せません。
小林さんのHPを拝見しても、ネットで検索してもわかりません。
うろ覚えですが、歌詞はこんな感じでした。

「薄い口紅ひく せめてあなたの前 女らしくと思えば
立てた襟には雪 コートさえも脱がず 似合わないよというだけ
ガラス越しに 揺れて霞む 雪明りの街に
ただ流れる ときだけが 行くあてなく彷徨う」

この曲はアルバムの中に収録されているのでしょうか?
できればこの曲をもう一度聴いてみたいです。

CD、お暇な折で結構ですので、
お送りいただけましたら幸いです。
届くのを楽しみにお待ちしております。
ありがとうございました。

知叡

2011/07/13 (水) 1:13

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。